映画「地球防衛軍」【感想】小松崎茂デザインによるイマジネーション溢れる空想科学映画![ネタバレ]

邦画

スポンサーリンク

概要

  • 監督:本多猪四郎
  • 特技監督:円谷英二
  • 脚本:木村武
  • 原案:丘美丈二郎
  • 製作:田中友幸
  • 出演者:佐原健二、白川由美、河内桃子、平田昭彦、土屋嘉男、藤田進、志村喬
  • 音楽:伊福部昭
  • 撮影:小泉一(本編)、荒木秀三郎(特撮)、有川貞昌(特撮)
  • 編集:岩下広一
  • 製作会社・配給:東宝
  • 公開:1957年12月28日
  • 上映時間:88分
  • 製作国:日本

あらすじ

富士山麓のとある村で、祭りの夜に山火事が発生した。
つづいて、山肌からはロボット怪獣モゲラが出現し、村を破壊。

防衛隊の機転でなんとかモゲラを食い止めることに成功した人類だが、ホッとしたのも束の間、富士山麓にドーム型の基地「ミステリアンドーム」が出現する。

ドームを操縦していたのは、自らをミステリアンと名乗る宇宙人。
山火事を起こしたのも、モゲラを操っていたのも彼らだった。

彼らは、「人間との結婚」「半径3キロの土地の使用」を地球側に要求し、叶えられない場合は攻撃すると脅迫をしてきたのだった。

当然、地球側はこの要求を拒否し、先手を打ってミステリアンドームを攻撃。
しかし、そんな地球人の攻撃など、科学力に勝るミステリアンにとっては全く無意味。
逆に、ドームから発せられた怪光線で地球側は壊滅的な打撃を受けてしまう。

次に、ミステリアンは、地球の女子を次々と拉致すると言う暴挙に出る。
これを阻止すべく、ついに地球の各国が結集し、超高性能の破壊兵器「電子砲」を開発。

電子砲の威力はすさまじく、ミステリアンドームの破壊に成功。
敗北したミステリアンは、宇宙に帰っていくのだった。

感想

侵略目的がセコイ!

最初から最後までワクワクドキドキ、「理屈抜きで楽しい映画」とはこのことです。

映画がはじまってすぐ、レトロな「TOHO SCOPEマーク」と、伊福部昭「戦闘マーチ」の合わせ技で、一気に映画の世界に引き込まれます。

ジャンルとしては、「宇宙侵略物」と言えるのでしょうがが、どちらかと言えば、「空想科学映画」と呼んだ方がシックリくる、かなり荒唐無稽のストーリーとなっております。

まず驚くのが、宇宙人「ミステリアン」の地球侵略の目的です。

それはなんと、「地球の女性との間に子供をつくること」・・・。

ミステリアンの世界では、放射能汚染のせいで異常児が生まれやすいのですが、なぜか、地球の女性とだったら丈夫な子ができるらしいのです。

まあ、どんな理由があるにせよ、地球侵略目的が結局「性交渉」と言うのも如何なものかと思うわけではありますが、ミステリアンの欲望は、それだけには止まりません。

たぶん、夏祭りで隠し撮りでもしたのでしょう、浴衣姿の女性の写真を何枚か持っていて、なんと、「この娘たちがいい」と指名してきたのです!

子孫繁栄のためなら誰でもいいと思うのですが、どうせならカワイイ子がいいらしいミステリアンなのです。

当然、地球側がこんなこと承諾するはずもなく、キッパリお断りします。

すると、怒ったミステリアンは、民家の庭にコッソリ忍び込んで、好みの子を誘拐すると言う、モノスゴイ科学力を持っているわりに忍者みたいな地道な行動に出るミステリアンです。

しかも驚いたのは、捕らえられていた女性達を見てみたら、浴衣姿の子が結構多いこと。
つまり、誘拐した大半が夏祭り会場にいた女子だったわけで、ミステリアン、すごい手近で済まそうとしてたのです!

戦闘地域が狭い!

更にミステリアン、密かに地下要塞の建設に乗り出していて、「これさえ出来れば東日本は我々のものだ。」なんてことを自慢げに熱弁。

「地球侵略じゃねえのかよ!」って、思わず突っ込みたくなります。

っで、このままでは滅亡させられてしまう地球側は、「地球軍」と呼ばれる国連軍みたいなのを組織して、大型戦闘機「ベータ ー 号」「アルファ号」を繰り出し、3000度の熱戦攻撃で応戦。

しかし、ミステリアンドームはビクともせず、地従軍は敢え無く撃沈します。

もはや敗北寸前の地球軍は、日本の防衛軍科学班によって開発された、超破壊兵器「電子砲」に最後の望みをかけます。

そして、この電子砲の攻撃が見事に功を奏し、ミステリアンドームは大爆発。
攻撃力を失ったミステリアンは、宇宙の彼方に逃げていったのでした。
ああ、めでたしめでたし。

円谷特撮に酔う

こうして観ると、この作品、「SF映画」と呼ぶにはチョット苦しいものを感じます。
しかし、これを「空想科学映画」と言い換えると、ピタリとハマっちゃうから不思議です。

小松崎茂氏のデザインによる、宇宙ステーションやロボット怪獣モゲラの造形、アルファ号・ベーター号、マーカライトなど超兵器のスタイリングは、どれをとってもレトロでカラフルで、イマジネーション溢れる夢の世界を魅せてくれます。

そして、更に素晴らしいのが、それらメカ達をより一層輝かせてくれる、円谷英二監督の特撮技術です。

  • 円盤が滑る様に横切るスムースな操演。
  • 山火事とそれを見守る村人達を同時に見せる華麗な合成シーン。
  • 山崩れや濁流の迫力ある演出。
  • 赤く空を染める山火事、バックにそびえる富士山の勇姿・・・など、幻想的で美しいマット画の数々。

当時の円谷英二の油の乗った演出、丁寧な絵づくりは、どれを取っても見事と言うほかありません。

この映画は、人間ドラマ部門は、ちょっと弱い感じがしますが、特撮部門の充実度は半端ないです。

ミステリアンと地球防衛軍との戦いに焦点を絞り込み、圧倒的な戦闘シーンを伊福部昭のスコアに乗せてタップリと魅せてくれます

大型画面、立体音響に切り替わってから、はじめての東宝特撮映画として大いに楽しめる一本です。

DVDのコメンタリーは、川北紘一監督樋口真嗣監督が特撮を語ると言う、マニアには涙ものの超絶面白い内容となっておりますので、是非、DVDかblu-rayでのコメンタリ視聴がお薦めです。

地球防衛軍 予告編
Amazon | 【東宝特撮Blu-rayセレクション】地球防衛軍 | 映画
佐原健二, 志村 喬, 白川由美, 河内桃子, 本多猪四郎 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配送無料(一部除く)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました